SHIINBLOG

湯けむりもくもく

30代主婦(エンジニア兼業)が子育てしながらいろいろやってみるブログ

第2子切迫早産② 29週

◾︎帰省先での治療方針

帰省先の病院でも、これまで都内でしていた治療と同様、毎週黄体ホルモン注射をすることになりました。子宮頸管長は初診の際、30ミリ弱というのを確認したけれど、これからは臨月になるか臨月になってない場合は陣痛でも始まらなければ内診はしない方針だと告げられました。

 

◾︎黄体ホルモン注射の辞めどき

第1子の際は医師の勧めで32週で辞めました。第2子も32週で辞めることを勧められたのですが、第1子が結局早産だったことから34週までお願いしてみました。その結果折衷案で33週までとなりました。黄体ホルモン注射はおまじないみたいなもので、ほとんど意味ないから29週の今辞めてもいいくらいと医師からコメントがあり、じゃあ毎週打ってるのはどういうことや?と思いました。

 

◾︎36週になったら転院したい旨を伝える

またもや無痛分娩で産もうと思っている私は、36週になったら無痛分娩のできる産院に転院したいと申し出ました。36週の検診まで総合病院で実施して、最後の検診の日に母子ともに異常がなければ紹介状を書きますよということで話はまとまりました。

 

 

広告を非表示にする