SHIINBLOG

湯けむりもくもく

30代主婦(エンジニア兼業)が子育てしながらいろいろやってみるブログ

第1子無痛分娩⑤

これで第1子無痛分娩シリーズしめます!

前回の記事はこちらです。

yukemurimokumoku.hatenablog.com

f:id:yukemurimokumoku:20170618083730j:plain

分娩前日〜当日朝まで

翌日出産が決まったので付き添っていた夫に入院グッズを持ってきてもらうことに。夫は急に入院になることばっかりだなと苦笑いしていました。

麻酔医が翌日朝から来るとのことで、明日の朝まで陣痛が来ないよう安静に過ごしました?陣痛が来ないようにウテメリンを点滴しようとしたが、アレルギーなのでせず。一晩中お腹に明日の朝9時以降に出てきてーと念じたり語りかけたり。陣痛が怖くて必死なわたし。翌朝麻酔医が8時に来てくれ、挨拶と麻酔の説明と同意書へのサインをし9時から陣痛促進剤を打ち陣痛を待ちました。

麻酔について

好きな時にいつでも麻酔開始します、麻酔をしてもすぐ効かないので、痛みを我慢しすぎないで欲しいとのことでした。また手元に自分で麻酔を追加できるボタンを置くので、出産中に痛みを感じ始めたら自分で追加して良い仕組みになっていました。

無痛分娩は、分娩中に背中にいれた針から麻酔薬を流し続けるのですが、まずは背中にその針を入れるための麻酔をしました。普通の注射と一緒で特に痛くはありません。その麻酔が効いた後にエビのように丸まり、太いのか?刺しにくいところにさしているのか?ゴリゴリと結構な力で麻酔薬を流し込むための針を刺されました。痛くはなかったけれど麻酔をしてなかったら痛そうだなという印象。二箇所だったのか、やり直したのか、2回刺されたように記憶しています。麻酔初体験なので、とても緊張してしまったらしく心拍数と血圧が爆上げで、麻酔医と助産師に緊張しすぎと笑われた。麻酔が効いているか保冷剤を当てたり、麻酔の効きに左右差がないか等チェックをしてくれました。また産まれる直前が1番痛いから、途中で痛みを少しでも感じたら手元のボタンを押して麻酔を追加してね、と痛くしないようにという配慮が十分でした。

いよいよ分娩

9時から陣痛促進剤を打ち、13時ごろに少しお腹が痛いような気がして来たので麻酔をお願いしました。生理痛くらいの痛みでしたが、早くしなくちゃとんでもなく痛くなるみたいだし、善は急げなのです。麻酔の詳細は上記のとおり。麻酔の後はすっかり無痛でした。そしてさすが切迫早産ですね!と助産師さんに言わしめる進みの早さでどんどん子宮口が開いていき、さぁそろそろ産みましょう、いきみましょう、せーの!とモニターをみて声をかけてくれる助産師さんに合わせ4、5回いきんで産まれました。正確には3回いきんだあたりで頭が見えたよ、と言われた後、へその緒が二回巻いてると慌てて医師が呟き、その辺りで胎児の心拍が低下したとかで皆さん慌て始め、酸素マスクをつけられたと思ったら、助産師さんがお腹をグイグイ押して、さぁいきんでーと言われてスポンと我が子は生まれてきました。

本当に完全に無痛でした。陣痛すらも感じてない。産んでる感覚もなかったです。後処理で縫われているのは感じました。痛くはなかったです。

余談

 産まれてきても、おぎゃーという産声はありませんでした。すぐに胸元に持ってきてくれて抱っこさせてくれましたが、胸の上でうううううーと震えて唸るだけでどんどん紫色になる我が子。感動するより、この人息できてないみたいですけど平気ですか?と早々に助産師さんにパスしてしまいました。産声で初めて呼吸を始めるとか目にしたことがあったので心配になったのです。子供は即別室に連れて行かれ、かなり遠くからおぎゃーという産声を聞きました。

第2子の無痛分娩との比較

第2子の無痛分娩は、産科医による麻酔でした。里帰り先から行ける範囲で、麻酔医による無痛分娩を探しましたがありませんでした。

事前にこの病院の助産師さんから、都内や海外で完全に無痛で産んだことのある人からは、こんなの全然無痛じゃないというコメントをよくもらうから、完全に無痛と思わないでと言われガクブル。子宮口5センチにならないと麻酔も入れないとのこと。自分で追加できる麻酔もなくてひたすら背中から一定量を流すだけでした。それでも立ち止まってしまうくらいの痛みだった陣痛は完全に痛くなくなり、うたた寝しちゃうくらいでした。ただ産まれる直前は、え?麻酔効いてる?痛いな、これ以上痛くなったら麻酔効いてるか聞こう、と思いました。麻酔してるのにこんなにも痛いのかとびっくりしました。痛いんだけれども産道を通って降りてきてるというのは、今回も感じず。麻酔を入れてから1時間くらいで産まれました。

助産師と産科医から、すごく静かに産んだね、普通もう少し声とか出るんだけどね、と言われました。やっぱり痛みはあるという前提ですね。

しかし麻酔医による麻酔と産科医による麻酔、こんなにも違うのかと良い経験になりました。本当に無痛が良かったらぜひ麻酔医がいる産院で無痛分娩をしてください!

広告を非表示にする